何故 マフラーから水が落ちるのか?

みなさま こんにちは!
イ・ヒョンジュンでございます。

いつもオートプラネット名古屋Blogをご覧頂きまして
ありがとうございます。

 

 

 

本日は、 「何故 マフラーから水が落ちるのか?」
についてお話をさせていただきます。

 

 

マフラーから水が落ちるのを見た経験は
誰にでもあると思います。
特に、冬に多くみられる現象ですね。

エンジンの吸気から排気までに水を入れていないのに
なぜ水が出るのでしょう?

その秘密は化学にあります。
化石燃料にはいろんな成分があり、化学式がとても複雑です。
その中で車の燃料であるガソリン、LPG、ティーゼルには全部水素(H)が入っています。
そこで吸気からまた酸素(O)が供給されます。
この元素たちの中でHが2つ、Oが1つ結びつき、H2O=「水」となります。

そして、このH2Oがマフラーの中に溜まると
エンジンをかける時、パッと出たり落ちれたりすることです。

 

ちなみに、冬によくみられる理由は
夏は基本的に大気が暑いため、水が気化されたまま排出されることで
我々の目にはよく見えません。
しかし、この水蒸気が冬の冷たい空気とあたり
我々にもよく見える湯気の形となるのです。

これがマフラーからの水の正体です。

 

 

お車についてのご質問等ございましたら
お気軽に スタッフまでお申し付けくださいませ。

みなさまのご来店を お待ちしております!

 

▽車両情報、店舗情報などは当店公式HPをチェック!

http://www.whitehouse.co.jp/auto-planet/

 

☆☆☆☆☆☆☆オートプラネット名古屋☆☆☆☆☆☆☆
愛知県愛知郡東郷町和合北蚊谷29-1
tel 0561-37-5333(代表)
平日 10:00 ~ 19:00
土日祝 10:00 ~ 19:30
サービス受付 10:00 ~ 18:30
水曜定休日